空飛ぶ社畜直伝【これだけ持っておけばOK!】海外出張持ち物リスト

キャリア

こんにちは!ヤサブローです。

昨年、えぐいペースで海外出張(多いときで月に3回)したことにより、エコノミーだけを使って(ここポイント。ビジネス乗ったら一気にマイル貯まるからね)、貯まったマイルでランクを2アップした!(ラウンジ使えたり、優先搭乗できる。これから一生。)

そんな、空飛ぶ社畜の私が、海外出張持ち物リストを公開します!

1.パスポート&ビザ

必須中の必須。ちなみに、僕は、無印良品のパスポートホルダーを愛用しております。

ここに、発券したチケット、マイルカード、ホテルのポイントカード、税関申告書用のボールペン、Zip lockに入れた現地通貨を入れています。

2.携帯(スマホ)、充電器、外部バッテリー、変換プラグ

グローバルでどんなコンセントにも対応できる変換プラグが1つあると便利ですね。

あと、スマホは旅先でのガイドとなるので、外部バッテリーも必須です。

3.PC&充電器

会社のPCです。個人のPCは、スマホがあれば事足りるので長期だとしても出張には持っていきません。重いし。

4.財布(クレカ・日本円・米ドル・現地通貨)

財布は日本円でも現地通貨でも、その国にいるときにその国の通貨だけを財布に入れて、他はZip Lockに入れて持ち運びます。(セキュリティがしっかりしていそうならばホテルの金庫に入れる)財布を二つ持つのはかさばりますから。あるいは、出張先で行動する場合は、いつスられてもいいように、チープな小さなポーチ?(よくお土産屋さんであるようなやつ)に入れて持ち運んでいます。現金とクレカ1枚入れて、外にでます。他は金庫。それかリュックの奥に入れるなどしてリスク分散。

米ドルについては、世界のどこでも使える?からです。たまに、日本円の両替受け付けていないことがありますからね。僕は、去年中南米地域担当だった時期があり、出張で、キュラソー島というマニアックな島に行ったことがあります。そのとき、現地通貨がアンティル・ギルダーという謎の通貨なのですが、米ドルも使えるので、僕は米ドルとクレジットカードを使っていました。そして最終日、しっかりと米ドルも使い果たし、クレジットカードでホテルの会計を終わらせ、タクシーで空港へ。タクシーを降りて清算しようとしたとき・・・クレカが使えない。

「大丈夫、ATMへ行こう。」ということでいくつかATMへ連れて行ってもらうが、島中のATMで使えず。日本円は持っている!と言っても、「この島で日本円を両替してくれる両替所や銀行はないわ・・。」と言われ、パニックに・・。最終的に現地のお客さんに電話して、(同僚は既にこの島から帰っていた)助けてもらい、飛行機は逃すハメに・・・・。そして1晩空港の近くのホテルに泊まり、次の出張地へ向かいました。(このときは1回の出張で6か国くらいまわった)

この経験から、米ドルは必携だ!と思い、それから200ドルくらいは常に出張時に持ち歩いています。

以上が、必須中の必須のアイテムです。逆に言えば、この4点セットだけ持っていれば最悪海外出張いけます。もちろんあとから問題はたくさん出てくるでしょう。しかし、大丈夫です。なければ買えば良いのです。家を出た後、成田エクスプレスあるいは京成スカイライナー、(僕の場合は空港までのUber)の中で「忘れ物してないかな・・・」と不安になったときにこの4点があるかまずはチェックしましょう。あれば、とりあえず大丈夫です。ないものは空港で買ったりしましょう。

5.レンタルWiFi

これは便利ですね。現地でSIMカード買う、という人もいますが、PCもつながなくてはならない状況が多く、電話もLINEやWhatsappなどのアプリで済ます、という時代ですので、僕は現地SIMよりもレンタルWiFiを選びます。(駐在してからは出張中電話に出れるようにマレーシア会社携帯でSIMも使います・・)

6.名刺

ビジネスマンの基本です。ただし、なくても上司が見ていたら怒られるだけで、なんとかなります。(経験者談)

7.胃薬

気休めです。以前、インドでおなかを壊した際には医者にオケツに注射されて治りました。現地の薬も買えるのでなくてもよいです。

8.着替え、革靴、サンダルなど

暑い国への出張で、土日をはさむ場合、サンダルないときついですね。フットマッサージとかうけるときにサンダルだとさわやかですね。いちいち靴下脱いだり履いたりは嫌ですね。

ちなみに、こう見えて(どう見えて?)着替えはひとつひとつ無印良品のメッシュのバッグに入れて、荷造りしています。そうするだけで、スーツケースを税関であけられた際、「ワオ。ビューティフル」となるわけですね。気分もよろしいものです。オススメです。

9.アメニティ一式(歯ブラシ、髭剃り、爪切り、耳かき、コンタクトレンズ、メガネ、などなど)

コンタクトレンズとメガネがアメニティに入るのかという突っ込みは置いておいて、僕はこれらを一つのポーチに入れてます。はい、もちろん無印良品のポーチです。

2週間以上の出張で耳かきと爪切りがないと発狂します。僕の耳くそはドライタイプなので、あの、日本の耳かきじゃないとダメなのです・・・。綿棒とかくれたって無駄ですから!!残念!!となるわけです。自分の爪が伸びるのも見ていると不快です。

10.アイマスク、耳栓、マスク

これは飛行機での安眠グッズですね。僕並みの空飛ぶ社畜レベルに達すると、これらがなくても一瞬で寝れます。あるいは、何かのストレスから映画3本ぶっつづけで見て、深夜便なのに一睡もせずに仕事!!!(はきそう)という日もありましたね。

11.除菌ウェットティッシュ

旅行中は誰が触ったかわらからない今にもうごめいている菌が肉眼で見えそうな箸を渡されて、「食えよ」って笑顔でお客様に言われることがありますからね。そういうときにテーブルのしたでさっと一拭きするのです。そうです。気休めです。

12.Kindle、あるいは文庫本

僕は映画が好きで飛行機内でも映画を見ます。しかし、飛行機が実際に離陸するまで、そして離陸直後ってアナウンスで映画を見ていてもとぎれとぎれなんですよ!1分毎にアナウンスとかあるときって、まじでぶち切れそうになりますからね。そういう人を横目で見ながらKindleをサラサラ…読んでいる洗練された社畜が機内にいたら、私です。

というわけで、これだけあれば出張困りません。(男子なら。)

最悪、1−4まで持っていれば大丈夫なわけです。

ではまた!