【極上】大人の「パイ」の店に潜入してきた!

マレーシア生活情報

こんにちは!ヤサブローです。

今回は、マレーシアの若者に大人気、「パイ」の店に潜入調査に行ってまいりました!

これも元はと言えば、職場のローカルスタッフ情報です。

日本語勉強中ローカル
オハヨウゴザイマス!
ヤササン。。。パイ、スキカ?
ヤサブロー
え。。。パイ?

そんな日本語をどこで覚えた・・・。

職場で下ネタはあかんだろ・・・まぁ、好きだけど?

日本語勉強中ローカル
アッパイシンっていう、やばい店がありましてな。。

へへへ。。。

ヤサブロー
・・・・オッパイ神!?な、なんだその店、ど、どこにあるんだ・・・!!

というわけで、ローカルに大人気「A PIE THING」に行ってきたわけです。

A PIE THING

 

Address: 128 G, Jalan SS 21/35, Damansara Utama, 47400 Petaling Jaya, Selangor

営業時間:
月:定休日
火、水、木、土曜:11ー23時営業
金、土:12ー24時営業

ダマンサラウタマ、Uptownという地区にあります。近くにはThe Starlingというショッピングモールもあり、ここに駐車して歩いて行くことも出来ます。

ダマンサラウタマの街並み

お店の外観

このお店も、前回書いたMy Burger Labと同様、デザインがオシャレでして。外観、内観、メニュー、パイの名前を書いた札まで凝っているなーといった印象です。

内観はこれ!

メニュー

食事系パイは、ソース、豆、マッシュドポテト、を上にのせられます。
(THE MASHACRE)

デザートはそのまま。ドリンクはコーヒーやソーダまで普通のカフェメニューがあります。

棚にあるパイから選びます。

食事系パイ(結構ボリュームあり、ランチとして食べられます。)

デザートパイ

食事系は、チーズチキンBBQ(Withスペシャルトッピング)と、チキンマッシュルーム(With定番トッピングTHE MASHACRE)を選びました。


※左がチキンマッシュルームのMASHACRE、右がチーズBBQチキンです。

とろけるうまさ!!!

とろけるチーズが、パイ生地に合うんです!!!激ウマ。

一つ食べると、お腹いっぱいに。ランチを別に先に食べてから行くか、迷っていましたが、食べないで行って大正解!ボリューム満タンで、これ一個でランチに。

しかし、僕らには秘密兵器があります。その名も、BETSUBARA

デザートもいってしまいました。

アップルパイに、バニラアイスが乗った定番のデザートパイ、APPLE CRUMBLE

このアップルパイ、CRUMBLE(ヤサ訳:クッキーを潰したもの)が入っているのですが、それが普通甘いと思うでしょう。違うのです。しょっぱいんです!!

このCRUMBLEのしょっぱさ+アップパイの中のりんごの煮詰めの爽やかな酸味+バイラアイスの上品な甘み=ペンパイナポーパイナポーペン!!!・・・昇天ですよ。

以上、マレーシア若者のパイ屋さん潜入体験記でした。いやー、おじさん、見事に昇天してしまいました・・・。

おまけ1:WiFiのパスワードがイキ(粋)

”当店のWiFiパスワードは、パイ(π=円周率)の最初の9桁です。”

まじかよ!俺、ゆとりだよ!9桁なんて知らないよ!3.1415までしか知らないよ!ってかガチのゆとりは「3」で計算してたらしいよ。ビビるわー。よし、ググらないと!いや、って、WiFiないとググれないやーん!!どうすれば。。。

と思った方、問題ありません。写真をよくみてください。下に答え書いてあります。優しいね。

おまけ2:店名”A PIE THING”のニュアンス

A—THINGは、英語辞書にも載ってないし、日本語でググっても出てこないニュアンスかと。僕も誰かに教えられた訳ではないので定かですが、アメリカ留学と海外生活、海外ドラマづけ生活で得たニュアンスとしては、”A PIE THING”のニュアンスは、「パイ的なもの」かと。

例えば、「お前なんか、ハマってたよなー。あのー、THE CARD THING(カード的なやつ)」みたいな感じで使います。

ちなみに、”That’s a thing”は「そういう決まりなのさ」的な意味です。
”That’s the thing”だったら、「それが問題なんだよ」
”That’s the shit”, “That’s whassup!”は、スラングで、「最高だな!」を意味します。アメリカ生活で最初”That’s the shit”を、直訳して「クソだな」といっていると思って混乱しました・・。ちなみに、”That’s a shit”だったら、そのまま「クソだな」です。英語って、面白いですね。

おまけ3:店の裏では・・・

美味しいパイを食べて、至福な気分に包まれながら、お店の裏に歩いていくと、一気にゲトー感が・・。目の座ったおじさんの視線を感じながらそそくさ歩いて行くと・・・

衝撃的な光景が!!!

おわかりいただけただろうか?

念のため、拡大します。

無数の鳥が皮を剥がされて干されている・・。なんとムゴイ光景でしょう・・・。

まさか、、俺らの食べたチキンじゃないよな・・・いや、なんかダックっぽいな・・・

という訳で、謎の残る終わりを迎えたのでした。

これにてパイの記事終了。

ではまた!