【年収2倍!?】駐在員になるメリット【出世の切符!?】

キャリア
ヤサブロー
こんにちは!マレーシア若手駐在員のヤサブローです。この記事では、駐在員になることによって得られるメリットを考えてみたいと思います。
この記事の内容
駐在員になるメリットとは

1. キャリアに箔が付く

2. 待遇が良い

3. 周辺国に旅行にいける!なんなら毎週末が海外旅行。



1.キャリアに箔が付く

新入社員君
ヤサブローパイセン!やっぱり駐在員って、出世や転職に有利なんですかね?
ヤサブロー
そうだね。出世や転職、どちらにも有利だと思う。
新入社員君
まじか!じゃぁヤサブローさんも出世間違いなしなんですか!?
ヤサブロー
いや、そんなことはありません・・・。大企業の場合、年功序列だから、駐在しただけで若手の出世が早くなるわけではない。でも、例えば事業部長のポストが空いたとして、国内と海外どちらの市場も管轄内になるとしたら、それはどちらも経験している人の方が有利。自分の会社の上部の人たちの経歴を見ればわかると思う。うちの会社で言うと、事業部長以上は、海外赴任経験は一回以上がある人がほとんど。そう言う意味で、ないよりは、あった方が出世しやすいのでは?と思う程度。
新入社員君
なるほどです。転職は?
ヤサブロー
国際的に働ける人の需要が増えていること、逆にそういう人材が少ないことから、ある程度の市場価値はあると思う。

日本市場は人口と共に今後縮小していくのは明らか。したがって、今後日系企業は海外に出て行かざるをえない。JBICの調査によると、実際に日本の製造業の海外売上高比率は2001年の28%から2017年の39%担っていて、ここ17年で10%が上がっています。しかし一方で2018年4月の日経記事によると、国内企業の7割以上が質・量ともにグローバルな人材不足を認識しているとのこと。そう言う意味で、転職市場でも、海外で働いた、と言う経験はアピールポイントになると思う。

新入社員君
なるほど。その程度ですか?
ヤサブロー
うん。ただ単に「駐在した」「赴任した」ってだけだと、その程度だと思う。日本へのレポート係のような仕事をして、休日はゴルフ三昧、若ければフットサル三昧、とか言う噂も聞くからね。英語が全く喋られない駐在員だっていくらでもいると思うし。
新入社員君
えぇ・・そんな人もいるんですね。
ヤサブロー
ただし、自分の努力でいくらでも価値をあげられるいい環境だとは思う。例えば、日本にいる「海外営業」って、結局「お客さんにモノやサービスを売る」と言う営業の仕事はできないんだよね。だって日本にいるからね。マーケティングや購買、品質や製造も一緒。海外の「現場に近い」という利点を活かして、自らアポを取ってどんどんお客さんのところにローカルの営業と回ったり出来る機会がある。そこで得られた知識を抽象化できれば、つぶしがきくかもしれない。
新入社員君
なるほど。自分次第なんですね。
ヤサブロー
うん。あとは、マネジメント経験が積めると言うのは大きい。
新入社員君
ローカルをマネージする経験ということですか?
ヤサブロー
そうそう。駐在にくると、日本の格付けより高くなって赴任することが多い。例えば日本で課長だったら、赴任先では部長(Director)など。つまり、平社員であっても、「Manager」として、ローカルの部下がついたりすることもある。若くして、リーダーシップを取ってチームをまとめていく経験、これもまた得た知識を抽象化して他の場所に行った時にも、その知識を転用できれば、市場価値に繋がると思う。欧米先進国だとしたら、基本的に彼らの方が大学でプロフェッショナルとして通用するように勉強しているから、日本の若手がマネージするということになったら結構大変だと思う。一方で発展途上国や新興国で、「優秀ではない」「何も考えてない」「仕事が遅い」ローカルをマネージする経験も別の意味で大変。(もちろん、新興国や発展途上国にも優秀な人材はたくさんいる。比率の話。)
ヤサブロー
続けてもう一つ。海外の視点や現地法人、販売会社は、日本のような本部のある国のそれに比べて、仕組みが整っていないことが多い。仕事がマニュアル化されていなくて、前任者の駐在員がいなくなったらそのまま仕組み自体も、最悪の場合その人に仕えていたローカルスタッフもいない!ということもある。そんな時に、自分なりに仕組みを作り、さらにそれを「自動化」「ローカル化」つまり「仕組み化」することができれば、これもどこでも応用可能なスキルとして、評価は高いと思う。
新入社員君
じゃぁやっぱり、駐在することで転職に有利になるんですね!!
ヤサブロー
主体的に意識して働き続ければ、市場での価値をあげられるはず。でも、注意しなければいけないのは、これらの市場価値は「ゼネラリスト」や「マネジメント」としての価値であること。さらに意識しないと、「あなたは何をやってきたんですか?」という質問に対して、それこそ「色々やってきました・・・」としか回答できなくなる。これは危険だと思う。ある程度専門性をつけられるように、自分で意識してその仕事を主体的に取って行ったり、仕事以外で自分で勉強することが必要だと思う。
新入社員君
「ゼネラリスト」ってダメなんですか?
ヤサブロー
別に良いと思うけど、結局「なんでもできる人」って、「何にもできない人」なのでは?という不安がある。「コレ!」というもの、知識や経験を伴う専門性がないと不安。
新入社員君
そうなんですね。駐在すれば人生アガリかと考えていました・・。
ヤサブロー
ある意味さっき言ったとおり日系企業の「海外人員」は足りていないので、「インドでもアフリカでもどこでも行きます!」というスタンスで、日本本社の言う事聞いて頑張っていれば、手当もあるし、お金の問題とかはなく、生きていけると思います。でも・・・うん、それ以上は今は言いません。



2.海外駐在員は待遇が良い!

新入社員君
駐在員って結構お金もらえるんですよね?
ヤサブロー
そうだね。日系企業の駐在員は、日本でそのまま働いている時より、各種手当含めて、1.5倍〜2倍のお給料がもらえる。
新入社員君
に、2倍ですか!?
ヤサブロー
うん。住居手当含めてね。つまり、手当でもらっている全てを、日本で自分で払っていたら、と言う仮定の話ね。
新入社員君
すごいっすね・・。なんでそんなにもらえるんですか!?
ヤサブロー
それはね・・多くの日系企業で、「海外では働きたくない」「日本の生活の質が最高」なのに「会社が無理を言って」社員を海外に派遣している前提だから。高い日本食を現地で買っても大丈夫なくらいのお給料、海外では働けない家族(奥さん=駐妻)を連れてきても、生活レベルを維持できるくらい、あるいは治外法権のストレスフルな職場環境で耐えられるくらいのお給料。じゃないと誰も行きたがらないし、辞めちゃうから。そのように「社員が労働力を回復するための必要最低経費」がお給料だと考えれば、そのコストが日本より高めに見積もられているわけです。

新入社員君
そう言う事なんすね。どんな手当があるんですか?
ヤサブロー
下に書くね!

駐在員のもらえる手当例

  • 海外赴任手当(支度金):赴任準備のためのお金
  • 海外赴任旅費:もちろん家族の旅費も含まれます
  • 海外勤務手当:日本の給料にプラスされます
  • 危険地手当:危険な地域に住むことへの手当
  • 生活環境差手当:日本最高と言う理論ですね。実際そうなんだけど・・・。
  • 住居手当:高級コンドミニアム(タワマン的なもの)に住めます
  • 子女教育手当:子供は帰国子女ですね。日本語学校を基準に、それ以上高いインターナショナルスクールの学費の差額は自己負担の会社も。
新入社員君
へぇ。子供の教育費も出るんですね!
ヤサブロー
うん。これら手当に加えて、国内給与、つまり現地通貨やドルに対して日本円でも、給与がもらえるのが一般的。10−20年前の日系企業の駐在員は、「駐在から帰ったら家が建つ」と言われるほど手当が高かったらしいよ。今はそこまでではない企業が多いと思いますが、それでも日本で日系企業で普通に働いている以上の給与をもらえることになる。



3. 周辺国に旅行にいける!なんなら毎週末が海外旅行。

新入社員君
駐在員って待遇がそんなにいいんですね。ちなみに休日はどうですか?
ヤサブロー
休日は、海外旅行好きな人なら最高。なぜなら、毎週末が海外旅行みたいなもんだからね!!

新入社員君
確かに。マレーシアは周辺諸国行きやすいですもんね。

モルディブにもすぐ行けます。

【激安】モルディブでウェディングフォト撮影をする方法(タージエクゾティカ)

2018年9月2日
ヤサブロー
そうそう。駐在員で日本人と一緒に週5で働いているとふと忘れてしまうんだけど、日本からわざわざ7時間かけて旅行にくるような場所に住んでいるんだから、周辺諸国と言わず、車でいける観光名所にはいくべきだよね。

大人の極楽:ランカウイ島おすすめ旅行スケジュール!

2018年1月27日

【動画付き】インスタ映えしかない美都マラッカ厳選おすすめスポット3つ【1泊2日】

2018年2月3日



駐在員になるには・・・?

新入社員君
やっぱり、駐在員いいですね。どうすれば駐在員になれますか?
ヤサブロー
2つあって、まずは英語勉強しようね、と言う事。最近ではスタディサプリ
のようにアプリで勉強できたり、オンライン英会話に登録して、無料体験してみるのもアリ。

駐在員の英語力の必要性については以下の記事で説いています。

駐在員に英語力は必要ない!?

2018年1月25日
ヤサブロー
あとは転職。リクナビやDoda、ビズリーチに登録して、キャリアカウンセラーに駐在案件や、駐在がある程度しやすい職場、「駐在したい人」を探している求人を紹介してもらおう。
新入社員君
ありがとうございます!まずは英語の勉強を始めますね。

英語勉強関連はこちらもどうぞ。

TOEFL iBT80点から一発で100点以上に得点アップしたので経緯を書くよ

2018年6月3日
ヤサブロー
以上が、海外に駐在するメリットです。他にもこんなことがあるよ!という方がいればコメントお待ちしております。

20代で転職を成功させる秘訣【必勝マインドセット】

2018年2月11日