【動画付き】インスタ映えしかない美都マラッカ厳選おすすめスポット3つ【1泊2日】

旅行

こんにちは!マレーシア駐在中のヤサブローです。

本日は、クアラルンプールから車で約2時間半、南へ行った場所にある、マラッカの厳選おすすめスポットをご紹介します。

KLが東京なら、マラッカは、京都だ。

マレーシアといえば、首都、クアラルンプールの巨大なペトロナスツインタワーが象徴するビルが立ち並ぶ夜景、あるいはコタキナバルなどリゾートをイメージするかもしれません。

比較的知られていないマラッカは、「マラッカ王国」として14世紀末に建設され、ポルトガル、オランダ、イギリスそして旧日本軍に占領されました。当時からのこっているヨーロッパ諸国の影響を受けた美しい建造物と、アジアの活気あるナイトマーケットの融合された、独特の雰囲気のある街です。

その歴史的な街並みは、2008年に世界遺産に登録されました。
まさに、クアラルンプール が東京だとしたら、マラッカは京都なのです。

マレーシア、クアラルンプールに旅行する際は、ぜひ、1泊2日で良いので、マラッカを訪問することをおすすめします!

実際1泊2日で充分に観光できてしまう狭い街でもあります。この記事では、最低限抑えるべき場所を3つ、ピックアップします。トリップアドバイザーや、他の記事で紹介されている「おすすめスポット10個」も、この3つをポイントに観光すれば、付随的に観光できます。

まずは動画で雰囲気を!

下の紹介ビデオでは、マラッカの歴史も含めて街並みが広く紹介されているので、雰囲気をご覧ください。

そして、僕が作った1分旅動画がこちらです。
色々撮ったのですが、結局フローティングモスクを中心に1分に編集しました。

1.昼間のおすすめスポット セントポール教会 (St. Paul’s Church)

太陽が出ている昼間におすすめなのは、このセントポール教会です。
「サンチャゴ砦」(A Famosa)から、丘を登ると、壁面のみ残り、青空が見渡せる教会が現れます。

綺麗な青空、古いレンガ、海外旅行しているアピール、それもちょっと斜めからせめている「マラッカ」という場所、インスタ映えしかしません

ちなみに、このインスタ映えする青空が広がる教会には、度重なる列国の占領の歴史が刻まれています、

インスタ映えしか気にしていない僕や周りの中国人ツアー客は、この教会がなぜ、こんなにボロボロなのか(古い教会と言えども、天井がなくなっているのはおかしくない?)そしてなぜ教会の中に暮石がたくさん立っているのか、などを考えずに、普段しないサングラスをかけて暮石とピースしてインスタにあげて喜んでいるわけですが・・・。

この教会は、16世紀の大航海時代に、ポルトガルがマラッカを占領した時代のカソリック教会です。
日本でも有名な、イエズス会のザビエルがここマラッカで布教をしていました。
教会の脇では、「ザビエル像」が丘からマラッカの街並みを見下ろしています。

カソリック教のオランダの後に占領したのはオランダ、イギリスのプロテスタントの国々。
カソリック教はその後勢力を無くし、教会は老朽化が進みました。

その後、この丘にマレーシア政府がマラッカ州知事の公邸を作ることに。その場所に点在していたプロテスタント教徒の墓を撤去すると宣言しました。もちろんプロテスタント教徒は抗議しましたが、選択の余地はありませんでした。
そこで、手を差し伸べたのがカソリック教会である、セントポール教会だった。

この教会の中にプロテスタントの墓があるのはそういう歴史があるからなのです。

ちなみに、ここにたつザビエル像は結構イケメンで、ハゲていません
教科書で見ていたあれは、「トンスラ」というカソリック教徒の髪型、、らしいです。まじか。

さらにこの丘で宣教をしていたザビエルは、ここマラッカで、鹿児島県出身の日本人「ヤジロー」と出会います。
武士だったヤジローは若い時、仲間割れで人を斬り、役人から逃れるために薩摩からポルトガル船に乗り、マラッカにたどり着きました。ヤジローは若かりし頃に犯した罪をザビエルに懺悔。その後ヤジローはザビエルの通訳者として故郷鹿児島にザビエルを連れて行きます。1549年、鹿児島へ到着。日本の歴史の教科書で学ぶ、「ザビエル来日」です。

この丘を降りて西側の川の方へ歩いてすぐの場所に有名な「オランダ広場」があります。
つまり、セントポール教会を目指して歩いていれば、「サンチャゴ砦」「オランダ広場」、そして「ザビエル像」3つの観光スポットを同時におさえることが出来るのです!!

「オランダ広場」

「サンチャゴ砦」

2.夕方のおすすめスポット フローティングモスク(Melaka Straits Mosque)

夕暮れ時におすすめのスポットは、その名の通り、海に浮かんでいる「フローティングモスク」です。

海に浮かぶモスク越しに見る夕日は絶景です。
場所は、中心街からタクシーで5分くらい。
実は2006年にできた比較的新しいモスクで、歴史は特にありません。もうインスタ映えしかありません。難しいことは考えずにインスタ映えに集中しましょう。ザビエルのことは忘れてけっこうです。

3.夜のおすすめスポット ジョンカーストリート

日がくれた後におすすめのスポットは、「ジョンカーストリート」のナイトマーケットです。
金、土、日曜日の午後6時から歩行者天国となり、大変賑わいます。

参照元:http://iihg.blogspot.my/2014/11/a-brief-summary-of-place-to-visit-and.html

おまけ:おすすめレストラン Salud Tapas

正直、ナイトマーケットは、人が多すぎて疲れます。
ナイトマーケットからちょっと横道にそれた場所にあるのが、Salud Tapasというレストラン。

Tapasという名前通り、全くマレーシアの要素のかけらもないスペインバルですが、美味しくて気に入りました。
おすすめは、写真のイベリコ豚ハムとチーズのプレート。

以上、マラッカのおすすめ厳選おすすめスポット3つのご紹介でした!
マレーシアに旅行の際には、クアラルンプール だけではなく、是非マラッカにも立ち寄ってみてはいかがでしょうか?